プロペシアとミノキシジルには発毛効果があります

オリジナル見出し01

薄毛の悩みを抱えている多くの男性は、その原因がAGAであると言われています。

AGAが引き起こされるメカニズムとしては、テストステロンという男性ホルモンが、頭皮にとって悪玉の酵素である5αリダクターゼと結合を行い、その結果としてDHTが生成されます。



DHTは毛母細胞に発毛を抑制するような指示を出すために、薄毛の症状が発症してしまうことになります。



AGAの症状はDHTと5αリダクターゼが原因となりますので、5αリダクターゼの働きを抑えてDHTの生成を減らすことができれば、薄毛が引き起こされる原因を防いで、その結果として発毛効果が得られることになります。



AGA治療薬であるプロペシアには、5αリダクターゼの働きを抑制させる効果がありますので、プロペシアに含まれている成分のフィナステリドによってDHTの発生を抑えることが可能です。また、発毛効果を引き上げる方法として、血流を良くすることによって頭皮への栄養素の供給をしっかりと届ける方法もあります。



血流を改善させることで、毛母細胞や毛根に対して栄養素が届けやすくなるために発毛を促進させることができます。



血流を良くする効果があることで認可を受けているAGA治療薬としては、ミノキシジルがあります。



ミノキシジルは薄毛を発症している部分に塗布するものと、服用するものがあります。



ミノキシジルの効果によって血管を拡張させることができるようになるために、充分な栄養素を頭皮まで届けやすくなります。



関連リンク