ミノキシジルを配合している医薬品には発毛効果がある

オリジナル見出し01

海外で開発された医薬品の中には、日本の厚生労働省から発毛効果が得られることで認可を受けているものもあります。



AGA治療薬として認知されはじめているものにプロペシアがありますが、それ以外にもミノキシジルについても認可を受けています。



ミノキシジルを主成分として配合している育毛剤として、リアップなどが販売されています。



日本国内で販売が行われているものは、リアップとリアップx5だけとなっており、その他のミノキシジルを配合している医薬品は認可を受けていません。

ミノキシジルに関してはプロペシアと同様に、当初より発毛効果が得られるAGA治療薬として開発が行われていた種類の医薬品ではなく、元々は高血圧の患者に対する血圧降下剤として開発されていたものです。



ミノキシジルの効果として、血管を拡張させることによって血流を良くする作用があることがわかっています。



ミノキシジルは経口服用を行う医薬品でしたが、開発を行っているうちに服用した者に発毛作用が現れたために、現在ではAGA治療薬としての使用が行われています。



一般的に薄毛の場合には、頭皮環境として血行不良の状態に陥っていることや、毛母細胞が衰えていることが原因と考えられます。



ミノキシジルを服用することによって血管を拡張させる効果があるので、血行不良を改善させることが可能となり、血行促進作用によって栄養素が行き届けられるようになることで発毛効果を得ることができます。



関連リンク

  • タイトル21

    薄毛の悩みを抱えている多くの男性は、その原因がAGAであると言われています。AGAが引き起こされるメカニズムとしては、テストステロンという男性ホルモンが、頭皮にとって悪玉の酵素である5αリダクターゼと結合を行い、その結果としてDHTが生成されます。...

  • タイトル22

    海外で開発された医薬品の中には、日本の厚生労働省から発毛効果が得られることで認可を受けているものもあります。AGA治療薬として認知されはじめているものにプロペシアがありますが、それ以外にもミノキシジルについても認可を受けています。...