薄毛の女性の発毛サイクルを改善させる方法について

オリジナル見出し01

薄毛の悩みと言えば、男性が抱えているものですが、女性も10人に1人ぐらいの割合で薄毛の悩みを抱えています。
女性が薄毛になるときには、男性と比べたときにゆっくりと進行していきますので、すぐに気付かないこともありますが、数年単位で確認すると薄毛が進行していることがわかります。



女性特有の症状として分娩後脱毛症というものがあって、名前のとおりに出産をした後に発症する脱毛症となります。



分娩後脱毛症を発症してしまう原因としては、赤ちゃんへ優先的に栄養素が送られることによって母親の髪の毛に栄養素が届かないことや、女性ホルモンの分泌が増えた後に出産を行うことで通常の女性ホルモンに戻ったときに、ヘアサイクルが乱れて髪の毛が抜け落ちることが考えられます。



女性の薄毛の対策法としては、髪の毛を作り出しているタンパク質を食事で中心的に摂取することや、タンパク質や発毛に良いとされている成分を含んでいるサプリメントを積極的に摂取することで、発毛サイクルが正常に戻るまでの期間を短くできる場合があります。



1年ほどの期間で発毛効果が得られないときには、薄毛の原因は別にあると言えます。



育児をしなければならない女性にとっては、ストレスを過大に受けることになりますので、ストレスが増えることによって血管が収縮することが考えられます。



血流が悪くなったときには、髪の毛へ栄養素が行き届きにくくなりますので薄毛になりやすい頭皮の環境と言えます。



ストレスを発散させて発毛効果を上げるためには、育毛剤や頭皮マッサージを行って血流を良くすることが最適です。



関連リンク