まつげエクステの寿命

オリジナル見出し01

よく目の皮膚に直接まつげを生やすのだと勘違いしている方がいますが、まつげエクステは、自分のまつげに強力な接着剤で毛をつけていくものです。



そのため、つけたまつげエクステは、自分のまつげが抜けてしまったら一緒に取れてしまうことになります。
自分のまつげの寿命は一般的には2〜3週間なので、長くても寿命はその程度です。



ただ、まつげエクステはとても取れやすいです。



寿命の2〜3週間持たないこともあります。



例えば、メイクを落とすときにオイルクレンジングなどでごしごし目元を擦る方がいますが、これをするとせっかくつけたまつげが取れてしまいやすくなります。



また、ビューラーもエクステが折れてしまうため、使えません。



目元に刺激を与えることもエクステが取れやすくなる原因になります。まつげエクステの寿命を伸ばすためには、アイメイクをするときにリキッドなどを使い根元に引っ掻けないようにすること、メイク落としの際には泡などで優しく包むこと、ビューラーはホットビューラーを使うか、もともと普段使うカーブに合わせたエクステを選ぶこと、まつげを濡れたままにせずきちんと乾かすこと等があげられます。



目に合った太さや長さのエクステをつけることは、目元を演出するのに一番の効果が発揮されると共に、エクステを長持ちさせることにも繋がります。



目元を大切にしないとそもそもエクステができない目の状態になってしまうこともあるので、大切に扱いましょう。


関連リンク

  • タイトル21

    朝の時間というのは普段感じているよりも、早く進んでいるように思いますよね。だからこそ手を抜けるところは手を抜きたい。...

  • タイトル22

    まつげエクステとは人工のまつげを専門の接着剤を使用して自分のまつ毛の生え際に付けるエクステです。このエクステによりマスカラをたくさん塗ったりしなくても綺麗に毎日のメイクが仕上がるので、若い世代の間では今流行っています。...